2020.04.11

神がかったようにゴールを量産。
サガン鳥栖を新時代に導いた豊田陽平

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

「ゴールは、身体能力だけでは取れるものではないです」

 鳥栖で11年目になる豊田は言う。

「"ゴールが取れそうな選手"は、いくらでもいるんですよ。でも、実際に取れるのとは違う。取れる選手と取れない選手という"溝"は確実にあって......。自分の場合、ひとりで(ゴールが)取れる選手ではないです。だから、味方に感謝ですね。取らせてもらえるボールをもらっているから。その恩をゴールで返し、チームの勝利につなげる。それでまた自分が成長できるんです」

 それは、原風景にもつながるのかもしれない。豊田は自分のプレーを突き詰めることで、ひとつの境地にたどり着いた。2011年の密着取材は、その入り口との邂逅だったのだ。

関連記事