2020.03.28

「サッカーそのもの」――イニエスタが
Jリーグでプレーしている幸せ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio


今なお、特別なプレーを見せているイニエスタ今なお、特別なプレーを見せているイニエスタ

『サッカーそのもの』――そんなレベルにある選手は、Jリーグどころか、世界のどこにもいない。

 筆者がイニエスタのプレーを初めて目にしたのは、ミニ・エスタディだった。カンプ・ノウに隣接したスタジアムで、当時はバルサBが本拠地にしていた(現在の本拠地は、郊外のジョアン・ガンペール総合スポーツ施設内にあるヨハン・クライフ・スタジアム)。1万5000人ほどの収容人数のサッカー専用スタジアムだ。

 2001-2002シーズン、イニエスタはまだ17歳だった。トップチームでデビューはしていない。むしろ、ユースでも年少選手で、大人に混じるとひどく小さく細く見えた。

 しかし、必死になった大の大人たちが、まったく歯が立たなかった。懲らしめるような調子で思い切り削りにいくのだが、くるりとターンで交わされ、無様によろめく。頭にきてタックルを仕掛けるのだが、予期されたように外され、足にもボールにも届かない。そこで、複数の選手で囲むと、その刹那に決定的なパスを通される。

 それは、見たことがないサッカーショーだった。