2020.03.22

全国Vから14年。野洲高出身の楠神が
貫くセクシーフットボール魂

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「僕は順平にめっちゃ話を振るというか『みんなの前で喋ってや』と言っています。急に話を振ったら順平も怒るので、事前に『この練習の合間に振るから、喋れる準備をしといて』みたいに声をかける感じですね」

 最初の頃こそ口数が少なかったが、回を重ねるにつれ、どんなことを話せばいいのかがわかってきたという。

「何回か練習を一緒にすると、選手たちの特徴もわかってきたので、最初よりはだいぶ喋るようになりました。指導とまではいかないですけど、もうちょっとこうしたほうがいいんじゃない? とか」

 ある日のトレーニング後には、選手にこんなアドバイスを送った。ボールポゼッションの練習をしていた時に、楠神は片方のチームがうまくプレーしていたのを見ると、「あれぐらいボールを持てたら、楽にプレーできるよね。相手にボールを取られると、守備をしなければいけなくなるよ」と声をかけた。

 練習の空き時間にはふたりでパス交換をするなど、常に近くにいる瀧川は、楠神のコーチぶりについて「おもしろいですよ」と目を細める。

「順平はプロとして、僕らにはない経験をしているので、選手たちへの響き方が違うと思うんです。プロ生活11年で、15人を超える監督のもとでプレーしているので、いろんな監督のいいとこどりができると思いますし、(中学時代のコーチで野洲高のコーチも務めた)岩谷(篤人)さんも、山本先生も知っている。経験値はかなり大きいですよね」