2020.03.10

柏の「仕事人」ヒシャルジソン。
必殺タックルがJ1を席巻する!

  • 中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「厳しいマークと激しい当たりの部分。それに加えて、ボールを奪ったあとに前線にスペースを見つけて味方にパスを出すところ」

 昨季開幕前の新体制発表の場で、ヒシャルジソン自身が自らの特徴をそう表現したように、彼のパス供給からビッグチャンスが生まれるシーンも少なくない。敵陣では不要なリスクを避けて近距離の味方へ確実につなぎ、自陣ではボール奪取後にロングパスを供給して局面を一変させる。裏への抜け出しを得意とするオルンガとの相性も上々だ。

 今季のJリーグでは、ファールかどうか微妙なシーンにおいてもすぐに試合を止めず、できるだけプレーを続行させる方向性のレフェリング基準が設けられている。開幕の札幌戦のように、ヒシャルジソンの特長が最大限に発揮されることは間違いないだろう。

関連記事