2020.02.25

イニエスタが描く「戦いにくいチーム」。
J1優勝へ神戸に何が必要か

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 守備面では、『こじ開けるのが難しい』とか、『隙がない』という印象を与える必要がありますし、攻撃面では相手を黙らせるような、畳みかける強さも必要です。

 そのためには、昨年の反省という意味でも、守備の改善は必要だと思います。現代サッカーでは、どれだけ攻撃的なサッカーを理想に描くチームでも、守備は不可欠とされています。そして、その守備を安定させることが、チームの基盤となり、安定にもつながります。

 昨年の終盤、我々の戦いがある程度、安定性を見出せたのも、チームとして守備に対する自信を深められたことで、より攻撃に集中できるようになったことが理由のひとつに挙げられると思います。

 これは、J1のランキングを見ても明らかです。得点数では我々より下回っているにもかかわらず、失点数を少なく抑えることで、我々よりも上位にいたチームはたくさんありました。トップ3を見ても、横浜F・マリノスを除いて、その言葉が当てはまります。

 であればこそ、チームとして、できる限り無失点で終えられる試合を増やすことが安定性を見出し、目の前の試合で結果を求めるうえでも、またタイトルに近づくためにも、とても重要だと考えています」

 日本やJリーグの環境にも慣れたこともあってか、昨シーズンのこの時期に比べて、とてもリラックスした表情で、穏やかに決意を語ったイニエスタ。今シーズンもキャプテンを預かるが、そのことに過度の重責を感じている様子もない。むしろ、昨年以上のパフォーマンスを示すために、心がけるのは「サッカーを楽しむ」ことだと言う。