2020.02.22

浦和レッズ、開幕戦勝利も
不安になる内容。「引き分けが妥当だった」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


 左サイドで躍動した汰木(ゆるき)康也もインパクトを放った。単独突破で局面を打開し、興梠の同点ゴールを演出している。

 また、豊富な運動量で中盤を引き締めた柴戸海も、及第点のパフォーマンスを披露した。彼らがスタメン争いに名乗りを上げたことで、槙野智章や青木拓矢、長澤和輝といった昨季の主軸がベンチスタートとなった。

 ほかにも武藤雄樹や杉本健勇、マウリシオといった面々が控えている。補強の頭数は少なかったにもかかわらず、昨季よりも選手層の充実ぶりをうかがわせている。

 ただし、目立ったのは個人の力。とりわけ攻撃面における連動性は乏しく、単発に過ぎなかった。決勝点の場面でも、マルティノスのスピードに助けられた部分が大きく、いい距離感を保ち、スムーズなコンビネーションで打開する湘南のそれと比べて、完成度は見劣りした。

 それでも勝ったという事実こそが、浦和にとっては大きいだろう。

「勝利するのが一番大事だった。最後まであきらめずに戦えたのは去年とは違うところかなと思うので、そこはポジティブに捉えています」