2020.02.21

「とにかく強い」横浜F・マリノス。
新戦力がフィットし連動性もUP

  • 浅田真樹●取材・文 text Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 FUJI XEROX SUPER CUPで先発出場したときは、自分の役割を最低限こなすのに精一杯といった感じだったオナイウ。しかし、公式戦出場わずか3試合目にして、コンビネーションには明らかな変化が見られる。オナイウが語る。

「タイミングは合ってきていると思う。クロスを上げられる選手はたくさんいるので、相手と駆け引きしながら、(相手DFの)前なのか後ろなのかを考えながらやっていきたい」

 どのクラブにとっても、ACLとJ1の両立が難しいのは、過去の例から見ても明らかだ。それゆえ、昨季J1王者と言えども、下手をすれば、泥沼にはまると想像するのはさほど難しいことではない。

 しかし、我々の悲観的な想像を軽々と超えるだけの強さを、今の横浜FMは備えつつあるのかもしれない。そんなことさえ思わせる圧勝劇だった。

関連記事