2020.02.20

識者5人が「J1全順位」を予想。
優勝に最も近いクラブはどこ?

  • photo by Kyodo News

長谷川監督がFC東京の歴史を変えるか。
大穴は2度目の奇跡を狙う柏

中山 淳氏(サッカージャーナリスト)

1位 FC東京
2位 鹿島アントラーズ
3位 柏レイソル
4位 横浜F・マリノス
5位 川崎フロンターレ
6位 セレッソ大阪
7位 ヴィッセル神戸
8位 浦和レッズ
9位 ガンバ大阪
10位 北海道コンサドーレ札幌
11位 サンフレッチェ広島
12位 名古屋グランパス
13位 大分トリニータ
14位 ベガルタ仙台
15位 清水エスパルス
16位 横浜FC
17位 サガン鳥栖
18位 湘南ベルマーレ


 昨季は、無印だった横浜F・マリノスが優勝したように、今季も戦国時代。優勝候補の実力もかなり拮抗している。そんななか、布陣変更を行なって、MFレアンドロ(鹿島アントラーズ→)、MFアダイウトン(ジュビロ磐田→)ら即戦力外国人の加入で攻撃力を増した、FC東京が有力候補だ。

 過去2年はソリッドなサッカーで、終盤に失速して涙をのんだが、百戦錬磨の長谷川健太監督が自らの殻を破るべく、新たな挑戦に踏み出したことで、クラブの歴史が変わりそうな予感だ。

 優勝候補の常連である鹿島アントラーズは、オフが短く、チームに疲労感が蔓延しているのが不安要素だが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でプレーオフ敗退。その分、リーグ戦に集中できる環境が整った。

 アントニオ・カルロス・ザーゴ新監督が、即戦力を大量補強した守備を整備できれば、後半戦の躍進に期待が持てる。