2020.02.20

識者5人が「J1全順位」を予想。
優勝に最も近いクラブはどこ?

  • photo by Kyodo News

昨季より上積みがあるFC東京が初の戴冠か。
ドウグラス加入の神戸に躍進の期待

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 FC東京
2位 横浜F・マリノス
3位 ヴィッセル神戸
4位 川崎フロンターレ
5位 鹿島アントラーズ
6位 セレッソ大阪
7位 ガンバ大阪
8位 サンフレッチェ広島
9位 柏レイソル
10位 ベガルタ仙台
11位 北海道コンサドーレ札幌
12位 名古屋グランパス
13位 浦和レッズ
14位 大分トリニータ
15位 清水エスパルス
16位 サガン鳥栖
17位 湘南ベルマーレ
18位 横浜FC


 勢力図は、昨季とそう変わらないと見る。優勝は、横浜F・マリノスか、FC東京か。横浜FMは、左利きの左ウイング、FWマテウス(→名古屋グランパス)が抜けた穴が大きい。

 一方、FC東京は昨季後半、アウェー戦が続くなかでよく健闘。最後は逆転されたが、横浜FMとの差はわずかだった。今季は、その横浜FMより上積みされた要素が多いとみる。4-3-3への布陣変更も吉と出そう。

 少し前まで、優勝を争う関係にあった川崎フロンターレと鹿島アントラーズは、横ばい。布陣を変えて、イメチェンを図る川崎は、FWレアンドロ・ダミアンの活躍が浮沈のカギ握る。

 鹿島は、高卒ルーキーのMF荒木遼太郎(東福岡高→)、MF松村優太(静岡学園高→)が楽しみ。成績は、アントニオ・カルロス・ザーゴ新監督の采配次第だが、両サイドバックが活躍しないと優勝は望めない。