2020.02.18

「イニエスタとのタイミングが合ってきた」。
選手が語る神戸の変化

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

 自分たちとしては、アンドレスのプレーはよく見ていて、練習が終わったあと、『なんであそこ見えた?』と分析したり、解説したりしています。『どうやったらああなるんだ』って、それは刺激ですね。自分たちはアンドレスに合わせよう、というのはありますが、アンドレスも歩み寄ってくれていて、お互いのタイミングが去年より合ってきて、いい関係性ができてきています」

 ACLのジョホール戦でも、左サイドでイニエスタがボールを持つと後ろに引いて、酒井高徳がインサイドで前をとるタイミングは"あうん"の呼吸だった。一瞬にしてサイドを深く崩し切って、だめ押しの3点目を決めた。

 イニエスタを中心に左サイドの攻撃の威力が増すことによって、左に相手の守備を集められるようになった。その結果、右サイドでドウグラス、西大伍の攻撃力も向上。左右の両輪で攻撃に迫力が出たのだ。

 率直に言って、守備面の不安はある。前がかりの陣容で、守備のフィルターは弱い。ジョホール戦と同じやり方で強豪と戦った場合、かなり苦しむだろう。"格下"のジョホール戦でも、インサイドを破られるシーンはあったし、ゴール前まで何度か攻め込まれていた。

 しかし、チームとしてのストロングは出せるようになっている。