2020.02.17

ペトロヴィッチが大勝にも不機嫌。
コンサドーレが成熟されつつある証

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO SPORTS

 札幌は、"エリアの中での強度"が際立っていた。ジェイや鈴木武蔵は相手をひしぐ力を見せ、福森の左足のキックは強烈な飛び道具だった。81分の追加点もその一端だろう。やや劣勢ながらもFKを奪い、福森が直接左足で右隅に放り込む。エリアで高さを発揮する選手がいたことで、相手GKを幻惑させていた。そして後半アディショナルタイムには、自陣GKからの長いボールを相手から奪った鈴木が、エリア付近で反転からの鋭いシュートを決めている。

 札幌は、一発を仕留める力で勝った。

 一方、彼らは耐えるだけの実直な守備も見せていた。5-4-1のような形で、自陣での"エリアの強度"で負けなかった。エリア内でのディフェンスは粘り強く、何度となくシュートブロックに入っている。

 もっとも、水際で守っただけではない。

「大卒で(プロ)初戦なので、緊張はいつもと違ったと思いますけど。試合に入ったら、(金崎夢生との応酬でも)誰であろうと、やられたらやり返す、やるかやられるか、だと思っています。そこはお互いさまで」(札幌・高嶺朋樹)