2020.02.09

ヴィッセル神戸、ゼロックス杯初優勝。
新戦力躍動も今季の課題が表出

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato


 また、左サイドで強さを見せた酒井、縦横無尽に走って中盤を活性化させて自らもゴールを奪った山口と、各ポジションに軸となる選手も備わっている。今季の優勝候補に挙げられるチームであることは間違いないだろう。

 戦術的にも明確だった。第一にあるのはハイプレスだ。高い位置からボールを追いこみ相手の出足を封じると、ボールを奪うや否や手数をかけずに相手ゴールに迫っていく。

 本来はボランチの山口を高い位置に置いたのも、ファーストディフェンダーとしての役割を期待したからにほかならない。古橋の2点目、山口の3点目は、ともに敵陣でのボール奪取からもたらされたもの。"バルサ化"を謳い、ポゼッションスタイルに狙いがあるように後方からつなぐ意識も高かったが、同じポゼッション型の横浜FMに対し、このハイプレスは有効だった。

「今日はうまくプレッシングを使ってゴールにつながった。我々はプレッシングサッカーをしたいので、今後もそういう戦い方を続けていくと思います」