2020.01.14

名門復活。逆転Vの静岡学園の
「異質なサッカー」は革命的だ

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 失点覚悟のうえで、リスクを冒してでも点を獲りにいかないといけない。我々は守備のチームではないので、何点か獲られるかもしれないが、ストロングを出して1点でも多く獲れればいい」

 川口監督は準決勝のあとに、決勝の展望をこう語っていた。

「我々のストロングポイント」とは、ドリブルを主体とした攻撃スタイルであることは言うまでもない。徹底して個人技を磨き、個性を生かしたサッカーを標榜するのは、多くのJリーガーを生み出してきた静岡学園の伝統だ。

 もっとも、現代サッカーでは技術以上に、戦術やアスリート的な能力が重視されるようになった。本来、個の育成が求められる高校サッカー界においても抗(あらが)えない流れとなっている。

 つまり静学スタイルとは、時代に逆行しているものと言えるかもしれない。だからこそ、このスタイルで優勝を成し遂げたことに大きな意義を見出せる。

「日本サッカー界において革命的だと思うし、異質なサッカーをしていると思いますが、自分たちが優勝することで、サッカー界が盛り上がっていけばいい」

 エースの松村は、胸を張ってそう言った。

 揺るぎない伝統と信念のスタイルで、静岡学園が名門復活を高らかに告げた。

関連記事