2020.01.06

帝京長岡がサッカー後進県の名を返上。
新潟県民の悔しい思いを力にする

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「(準々決勝突破という結果は)この1年間だけで越えられたものではない。今まで新潟県のサッカーが積み上げてきたものだと思う」

 古沢監督はそう語り、初のベスト4進出にも浮かれることなく、まずは先人たちに敬意を表す。しかし、彼らが日々の活動のなかで目標としてきたのは、ただひとつ。新潟県勢の最高成績を残すことではなく、全国制覇なのだ。

 晴山が、それまで穏やかだった表情を一瞬引き締めて、語る。

「(新潟県勢が長くベスト4の壁を破れず)帝京長岡OB以外にも、悔しい思いをしていいた人は多いと思う。そのためにも、あと2勝したい」

 歴史は塗り替えた。だが、帝京長岡の挑戦は、これからが本番である。

関連記事