2019.12.01

初Vが厳しくなったFC東京。
だが戦い方の確立は選手を成長させた

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

「チャンスがありながら、決めきれなかった」

 試合後、痛々しく足を引きずるオリヴェイラは言葉を振り絞ったが、この試合だけを見れば、それが結論と言える。

 しかし今シーズン、チームの成長は選手の成長につながり、選手の成長はチームの成長につながってきた。長谷川FC東京はひとつの戦い方を作った。それは功績だろう。

「何とか最終節まで望みをつないだ。踏ん張って4点差で勝たないと逆転できない状況ですが、可能性がある限りは選手と一緒に戦いたい。今シーズン、すばらしい戦いをしたチームだと思うので、有終の美を飾ろうと」(FC東京・長谷川監督)

 12月7日、FC東京は横浜FMの本拠地、日産スタジアムで雌雄を決する。

関連記事