2019.11.25

淡白さが消えたFC東京。
執念のドローをハッピーエンドにつなげたい

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio



 湘南に引き分けたことで、FC東京は首位から陥落。横浜F・マリノスに1ポイント差で先を行かれてしまった。次節、FC東京は浦和レッズと対戦する。2013年を最後に勝利がない、相性の悪い相手である。

 それでも「次のレッズ戦につながる、勢いの出るゴールだと思う。勇気づけられました」と永井が言うように、森重の同点弾がチームにもたらした影響は決して小さくないだろう。そして、その横浜FMとは最終節に直接対決が待っている。

 困難の先に、栄光は待ち受ける——。初優勝へのシナリオとしては申し分ない。あとは、自らの手でハッピーエンドの一文を刻むだけだ。

関連記事