2019.11.12

マンガのようにパスがつながる。
永井秀樹とヴェルディの理想が現実に

  • 会津泰成●文・撮影 text&photo by Aizu Yasunari

 ヴェルディは、永井が理想とするトータルフットボールを体現する、芸術と呼ぶにふさわしいゴールで試合を締めくくり5-1で勝利。連敗も3で止めた。

いいパスを量産していたクレビーニョに、指示を出す永井秀樹監督いいパスを量産していたクレビーニョに、指示を出す永井秀樹監督  後日、ユース時代から永井サッカーを叩き込まれてきた森田に、「5得点のうち、一番印象に残っているのは?」と聞いた。すると森田は、自身が決めた3点目や4点目ではなく、「最後の5点目」と答えた。

「全員がいい距離感を保っていたことで、ワンタッチで流れるようにボールをつなぎ、自然とスペースができた。(小池選手の)最後のフィニッシュもすばらしかったし、フィニッシュにたどり着くまでの流れも美しかった。質にこだわり高めていけば、さらにチームはよくなると思います」

 また、ポジションを固定せず、さまざまな要求をされることについて聞くとこう答えた。

「やるからには求められる仕事以上のことをしたい。ボールに触っていないところでもしっかり守備を頑張るとか。永井さんもよく話すのですが、ひとりひとりの持っている力が1ならば、全員、あと0.5ずつ力を出せれば、チームとしてはとても大きな力になる。全員がチームのために動けるようになれば、もっといいサッカーができるようになる。そう思って取り組んでいます」