2019.11.04

遠藤保仁「今の順位がおかしい」。
ガンバの実力者たちの調子が上向きだ

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 宇佐美だけではない。同じく今夏に復帰した井手口陽介もフィットネスを高め、シャープな動きで中盤を活性化させた。実力者が状態を上げてきたことこそが、G大阪の復調の何よりの要因だろう。

 そもそも、そのメンバーを見れば残留争いに苦しんできたことが意外である。代表経験者が守備を固め、経験豊富なベテランが中盤に君臨し、井手口も宇佐美も海外を経験した代表クラスのタレントである。アデミウソンをはじめ、強力な外国籍選手も揃う。だから遠藤は、淡々とこう言うのだ。

「今の順位にいるのがおかしな話で、特徴のある選手がその特徴を出せば、今日みたいなゲームになる。いたって普通の試合をしただけ」

 これが通常運転なのだろう。遅きに失した感は否めないが、シーズンの佳境を迎えるなか、ようやく本来のG大阪が戻ってきた。

関連記事