2019.09.28

話題のヴェルディユース出身者。
次なる注目株は17歳のレフティだ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

 そんなヴェルディからまたひとり、"今後、買いが集まりそうな注目株"が台頭してきた。

将来が嘱望される東京ヴェルディの山本理仁 背番号20の17歳、MF山本理仁である。

 2001年12月生まれの山本は、今季J2第12節のV・ファーレン長崎戦でJリーグデビュー。当初は途中出場も多かったが、ギャリー・ジョン・ホワイト前監督に代わり、ユースチームを率いていた永井秀樹監督がトップチームの監督に就任すると、いわば"秘蔵っ子"の山本も主力に定着。第24節から直近の第33節まで、10試合連続で先発出場を続けている。

 そんな山本の最大の魅力は、優れたパスセンス。積極的にボールを受けては長短のパスをさばき、攻撃の組み立て役を担っている。

 身長177㎝のレフティは、いい意味で腰が高く、ピンと背筋を伸ばして堂々とピッチに立つ姿からは、何とも言えないスケール感が漂う。"雰囲気がある"かどうかは、将来性を見極めるうえでは馬鹿にできないポイントだ。

 本来は中盤の選手だが、ポゼッションスタイルを志向する指揮官の下、右サイドバックで起用された試合もある。当然、「初めてだったので、正直、難しさがあった」と言うが、「どこにボランチがいたら(サイドバックは)助かるかがわかる」と、すべての経験を成長の糧につなげている。

 とはいえ、率直に言わせてもらえば、まだまだ物足りなさを感じる点は数多い。今すぐにJ1でも通用する、とはとても言い難い。

 山本自身も「見えているところがまだ浅い。もっと遠くを見ないと」と語っているように、相手の脅威にならない無難なパスがしばしば目につき、また、失点に直結しかねないボールロストも少なくない。「あそこのポジション(ボランチ)でボールを失うと、ピンチになる。(ミスを)減らしていかないといけない」とは、本人の弁だ。

 それでも、当初は「トップチームのプレースピード、判断スピードは、ユースとは違う」と感じていたが、最近では「慣れた部分がある」のに加え、ユース時代から知る永井監督が就任したことで、プレーにも変化が生まれてきているという。