2019.08.10

犬飼智也が鹿島に来て変わった勝利の味
「喜びより先にホッとします」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

――松本時代に数多くの勝利を経験して自信をつけたと話していましたが、鹿島へ来て、その勝利に違いはありますか?

「昔のほうが勝ったときに嬉しかったんですよ、多分。今、鹿島では、勝ってホッとしています。喜びはあるんですけど、その違いはありますね、なんかちょっと違います。鹿島での勝利は任務なんですよ。任務達成の安堵感なんだと思います。日々、試合に勝つという任務のために、過ごす時間が鹿島は濃い。チーム全体としてもそうだし、選手個人がそのためにいろんなことをやっている。誰か数人というのではなくて、全員が高い意識を持っていると感じるのが、鹿島なんです」

――昌子選手が復帰した昨季のシーズン終盤は、ベンチスタートになりました。ACL決勝戦もベンチで見ていた。

「優勝は嬉しかった。でも、自分の力で優勝したい、決勝の舞台に立ちたいと心底思いました。大きな悔しさを味わったけれど、気持ちのどこかに『まあそうだよな』というのもあったんです。決勝を見ていても、自分のプレーを考えたら、先発じゃないことも『やっぱりそうだよ』というふうに感じているところがありました。でも、だからこそ、今は自分の手で優勝を掴めるシーズンにしたいと強く思っています」

関連記事