2019.07.15

スペインの名門で羽ばたく清水和也は
日本フットサルのスターになる

  • 河合 拓●取材・文 text by Kawai Taku
  • photo by Kawai Taku

 オフに帰国した清水は、すみだのトレーニングに参加していた。そこで清水は、普段から彼らと一緒にプレーしているかのような、スムーズなコンビネーションを見せるとともに、強烈なシュートなど個の力でゴールネットを揺らした。「まだ始動したばかりですから」と、本調子ではないと言うものの、1年ぶりにプレーしたすみだの選手たちにとっては、その成長ぶりも良い刺激になっていた。

 スペインでの2シーズン目を前に、Bチームで掲げる目標は昨季の約2倍となる30ゴールだ。そして、よりトップレベルに「慣れる」ことを、もうひとつの目標に掲げた。

「スペインは、個々のレベルが高いです。でも僕自身は全然やれないことはありません。想像していたよりも、『あれ? 意外とできるぞ』という感じでした。もちろん順位が決まっていない時やプレーオフの大事な試合は、僕が出場した2試合とは圧力も違うでしょう。そういう意味では強度などに慣れることが、テーマのひとつになると思いました。プレースピードなども2部と1部では、やっぱり差があるので」

 スペインに到着した直後には、生活のリズムや食事にも悩まされたという。それでも、徐々に言葉を覚え、周囲と意思疎通が図れるようになり、ストレスは軽減されていった。

フットサル日本代表を引っ張り、来年のW杯での活躍が清水には期待されている 元来、明るくポジティブな性格である。食事が口に合わなかった際に備えて、清水は日本から米と炊飯器を持っていっていた。ある時、炊飯器でご飯を炊き、それを食べていたら、同じ部屋で生活するチームメートも興味を示したという。彼らに日本のご飯を食べさせると、「これは美味い」と気に入った。そして、彼らは清水がいない時に、こっそり清水の非常食を食べてしまったという。

「炊飯器にある文字も、日本語しか書いてないのに、どうやって炊けばいいのか覚えているんですよ。しかも、普段は食後にすぐ食器を洗ったりしないのに、日本のコメを食べたあとだけは、すぐに食器を洗って僕に気づかれないようにするんです(笑)。おかげで僕が食べる分がほとんどなくなりましたよ」と、笑い飛ばした。この豪快な性格も、海外向きだろう。