2019.06.28

要因はふたつ。最下位だった
清水エスパルスが急浮上できたのはなぜか

  • 望月文夫●取材・文 text by Mochizuki Fumio
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 それほどの活躍を見せても、ドウグラスが驕ることはない。

「チームメイトが自分にボールを出してくれなければ、ゴールを決めることはできない。(結果を出せたことは)チームメイトに感謝したい。そして、もっとゴールを決めるためにも、これからも毎日、しっかりと練習する」

 これまで、サンフレッチェ広島や徳島ヴォルティスなどでプレーしてきたドウグラスは、日本語も堪能。自ら通訳としての役割も買って出て、他のブラジル出身選手と日本選手とのスムーズなコミュニケーションを実現させている。

 常に「チームのために」と口にする"エース"は、日本選手からの信頼も厚く、「神」と呼ばれている。そんなドウグラスが万全となった今、チームの勢いはますます加速していくに違いない。

 こうした状況にあって、周囲もチームのV字回復の可能性を感じ取っている。その視線の先には、開幕当時にはぼやけて見えなかった目標の「トップ5入り」も、はっきりと見え始めているはずだ。

関連記事