2019.05.13

久保建英が見せた加速度的成長。
「彼だから出せるパスがある」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 そして、決勝点となる芸術的な左足ボレーが生まれたのだ。

「誰かが何とかしないといけない展開で、その誰かが自分だったのがうれしい」

 お立ち台に立った久保は語っている。その姿は、日本サッカーの未来を照らすような明るさがあった。

「自分としては、そこまでいい出来ではなかったですけど、結果に貢献できてよかったと思っています。今日はみんなに褒めてもらってうれしいですね。いつもは褒めてる方の側なので」

 そのコメントは、初々しさも感じさせた。しかし、彼はもはや少年ではない。味方が勝利を託す、英傑の匂いがした。

関連記事