2019.04.23

大宮アルディージャが昨季とは違う。
J1昇格候補が悪いなりに5連勝

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 今季初めて、自動昇格圏内となる2位まで順位を上げたことについては、「まだ通過点」と高木監督。だが、過去には、横浜FCとV・ファーレン長崎という異なる2クラブをJ1昇格に導いた指揮官は、こう続ける。

「高い位置(順位)にいながらゲームをすることで、監督としても思い切ったプレーを要求できる。下位にいると、まず勝つことが要求になってしまうが、新たな選手を使ったりできるし、(上位にいて)余裕があることがプラスになる」

 そもそも大宮は、選手個々の能力で言えば、J2でもトップクラスにある。それを額面どおりに試合で発揮できれば、間違いなく強い。だからこそ、J1昇格候補の筆頭格と目される。

 もちろん、優れた個に頼りすぎれば、足をすくわれる。大宮を追うクラブにとっては、そこにこそ、つけ入るスキが生まれる。

 ところが、今の大宮は、脇の甘さを見せるどころか、ワンチャンスを生かす堅実な戦い方も手に入れ、思いどおりにならない試合でも、確実に勝ち点を積み重ねている。

 昨季の失敗を糧に、昇格候補がまずは上々のスタートを切った。

関連記事