2019.04.12

最下位清水でキラリと光る。
大型SB松原后の代表入りは近い

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Yamazoe Toshio

 ロシアW杯では、乾と原口が決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で1本ずつ遠目からミドルシュートを決めているが、これには味方もビックリしたほどだ。コンスタントには望めないプレーと言っていい。強シュートが期待できる選手となると、本田圭佑の若かりし頃まで遡らなくてはならない。その本田にしても、久しぶりに現れた強シューターだった。

 強シューターは日本サッカー界に系譜として存在しないのだ。技巧派はいても、本格派はいない。そうした潜在的に日本人に不足している能力が、松原にはある。それでいながら、荒削りというわけでもない。

 FC東京戦。松原の対面は久保建英で、その背後には日本代表の室屋成が控えていた。相手の右サイドは強力だった。並の左SBなら、多少引いて構えただろうが、松原は終始高い位置を保った。それだけで、この選手は違うぞと、こちらの目に止まることになった。

 この試合でゴールを決めたり、決定的なプレーに絡んだわけではないが、代表選手に相応しい大きな存在に見えた。あるレベルに達している選手であることは間違いない。カギは清水の成績になる。勝ち星のなし最下位チームの選手は選びにくい。

 とはいえ、前に述べたとおり、清水のサッカーそのものは悪くない。多少層の薄さが見え隠れするものの、適正な順位はリーグ中位と見る。

 松原の逆サイドで構える右SBは、昨季のベストイレブンに輝いたエウシーニョだ。サッカーは「サイドバックで決まる」「サイドバックが活躍した方が勝つ」との定説に従えば、いっそう楽観的になれる。

 松原の代表入りは近いと予想する。



関連記事