2019.04.08

サンフレッチェが美しい守備で首位浮上。
でも選手は何も感じていない

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by Getty Images

「みんな、何も感じていないと思います。言ってしまえば、去年は綺麗な形で失速していった。みんなそれをわかっているからこそ、勝っていることに満足せず、積み重ねていくことの大切さを学んでいると思います」(佐々木)

 スコアだけを見れば3−0の快勝に映るが、内容に目を向ければ、けっして相手を圧倒したわけではない。だから、豪快なミドルシュートを決めて気分も上々なはずの柴﨑も、課題に目を向けていた。

「攻撃のところで言えば、もっとボールを持ちたいですし、相手陣内に入ったときのコンビネーションだったり、ポジショニングだったり、スピードだったり、ドリブルも、もっともっと上げていきたい。相手にボールを持たれる時間帯も多いとは思いますけど、自分たちでもう少しボールを持てるようになりたいですよね」

 現状に甘んじる様子はない。むしろ、課題ばかりが口を突く。美しさすら感じられる組織的な守備だけに固執するつもりもない。あくまで守備は、ベースである。

 広島は、そして選手たちは、今、何をすべきかがわかっている。

関連記事