2019.03.20

30歳になった「和製アンリ」。
伊藤翔がゴール量産で鹿島を牽引

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by AFLO

 いかんせん30歳なので、「日本代表に入れるべきだ!」と騒ぐつもりはないが、冒頭で述べたように、「惜しかった」とは言いたくなる。とはいえ、出場試合数はまだ200試合にも満たない。年齢の割に使い減りしていないのだ。

 早熟で終わるのかと心配された選手が、気がつけば大器晩成型に立ち位置を変えていた珍しいケース。遅咲きの花はどこまで開くか。少なくとも今季のゴール数は、まだまだ伸びそうである。

関連記事