2019.03.11

「愚直に前へ」。F・マリノスの
劇的同点弾を生んだ「やり続ける」姿勢

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by KYODO

 一方の横浜FMは流されなかった。愚直なまでに、前へボールを運ぼうとしていた。 

「(交代で出場したときには)しっかりボールに触って、動かして、とにかく空いているところへ入っていこうと。アグレッシブにプレーし、チームに勢いを与えようとしました。みんな、下を向いていなかった。その姿勢が、得点につながったのでは......」(MF扇原貴宏・横浜FM)

 アディショナルタイムの左CKだった。GK飯倉も、ゴールエリア内に入っていた。天野が左足で蹴ったボールに、扇原が身体をひねりながらヘディングで合わせている。総攻撃の姿勢が実った形だった。敢然と戦い、2-2に追いついてのドロー。横浜FMにとって、悪い結果ではないだろう。

「ミスは起こるもの。それを引きずらず、やり続けることが大事だ」

 試合後の会見で、ポステコグルー監督は落ち着いた様子でそう語っている。

「川崎はボールを持たせたら、簡単に(こちらの)陣地まで入ってきてしまう。だから、前からアグレッシブに行く必要があった。ゴールに近づかせない。無論、プレスは後ろにギャップを作って、危険はあった。しかし我々は攻撃だけでなく、守備もアグレッシブに行く。そのおかげで、今日は相手を苦しめられた。決め切れるかどうかの際どいチャンスも作り出していたし、2-2はフェアな結果と言えるだろう」

 横浜FMは、弱点を突かれた部分はあった。攻守両面でバランスを欠く一面もある。しかし、そのアンバランスさによって追いついた、とも言える――。

 3節終了時点で無敗の3位。ポステコグルー横浜FMは、不完全な輝きを放っている。



関連記事