2019.02.24

ジョー2発、トーレス不発。開幕戦
快勝の名古屋が旋風を起こす予感

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya photo by KYODO

 さらに、FC東京から移籍してきた米本拓司も、ボール奪取と危機察知能力の高さで鳥栖の攻撃を止め、存在感を示した。2点目のアシストを決めた吉田を含めて、新戦力3人の加入で、選手層が厚くなったのはもちろん、チーム力も確実に上がっている。

 今季の「3強」と言われるクラブの開幕節は、川崎フロンターレ、浦和レッズが引き分け、鹿島アントラーズはJ1に復帰した大分トリニータに敗れた。そんななか、エースの2得点、新戦力の活躍、懸念されていた守備も完封と、最高のスタートを切ったのが名古屋。このまま波に乗れば、何かが起こるのでは、と予感させるチームだ。

関連記事