2019.02.23

「主役」ヴィッセル神戸を食った
セレッソ大阪、ロティーナ采配の妙

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato


見事な采配でセレッソを勝利に導いたロティーナ監督(中央) それにしても、ロティーナ監督はいいチームを作る。

 昨季まで2シーズン率いた東京ヴェルディもそうだったが、各ポジションに明確な役割を与え、各選手にその役割を守らせることで、まずは全体のバランスを保つ。

 そのうえで、対戦相手や試合展開に応じた狙いごとに、どのポジションに誰を配置するかを変えていく。チーム作りと選手起用の妙は、自身初となるJ1の試合でも十分に発揮されていた。

 開幕戦勝利に、にこやかな表情の柿谷が語る。

「監督が求めることに全員がチャレンジしているので、もっともっといいチームになっていく。新しい監督のもとで、(ユン・ジョンファン前監督時代の)2年間積み重ねてきたものにプラスアルファできればいい」

 セレッソは一昨季、ルヴァンカップと天皇杯の二冠を手にしたことで、昨季開幕前には優勝候補のひとつと見られていた。しかし結果は7位で、カップ戦も含めて無冠。今オフには、山口蛍(→神戸)、杉本健勇(→浦和レッズ)といった看板選手の移籍流出も相次ぎ、今季開幕前の評価は決して高いものではなかった。

 しかも、そんな低評価を裏づけるかのように、「期待していたようなプレシーズンではなかった」とロティーナ監督。「ケガ人が多かったし、いろんなシステムを使ったことで発展を遅くしてしまったかもしれない」。百戦錬磨のスペイン人指揮官もそう振り返り、必ずしも順調に開幕を迎えたわけではなかった実状を明かす。

 しかし、だからこそ、「チームはまだまだよくなる」。ロティーナ監督は、今後に自信をのぞかせる。

 注目の開幕戦で”主役”を食ったセレッソ。今季J1に楽しみな伏兵が現れた。

関連記事