2019.02.14

米本拓司が名古屋へ移籍したワケ。
「ここでは、ごまかしがきかない」

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 小早川 渉●撮影 photo by Kobayakawa Wataru

 最初は10本に1本しかできなかったけど、今は10本に3、4本はできるようになってきた。その感覚がうれしいし、楽しい。でも、これまでは身体からボールがちょっと離れていても気にしなかったけど、今は身体の真下にピタッと止めないといけないから、これまで痛くなったことのない股関節が痛くて(苦笑)。

―― 千葉和彦選手と蹴り合っているようですね。

米本 そうですね。あと、練習後に若い選手を見つけて誘っています。「練習、付き合って」って。声をかけやすいから(笑)。

―― 東京でチームメイトだった丸山祐市選手、長谷川アーリアジャスール選手も、やっぱりうまくなっていますか?

米本 いや、祐市くんも、アーリアくんも、もともと足もとの技術がありますからね。すんなり入れたんじゃないですか。僕は攻撃に関しては、勢いとノリでやってきたんで(笑)。ごまかしながらやってきて、パスが通れば、なんでもオーケーという感じでしたけど、ここはそれではダメなので。

 そう言えばこの前、パスがきれいに通ったシーンの映像を見せられて、「いいボールじゃん。成功の場面かな」と思ったら、「パスは通っているけど、その前のトラップが止まっていない。ここでしっかり止められれば、もっとスムーズに行くから」って。ダメ出しの映像だったんです。これでもダメなんだって(苦笑)。

―― でも、それを求めて来たわけですよね。

米本 間違いないですね。

―― 聞いていて思うのは、城福さんが率いるアンダーの日本代表に選ばれて、柿谷曜一朗選手や山田直輝選手に衝撃を受けて、彼らのいいところを盗んで、少しでもうまくなろうとしていた高校時代に近いものがあるのでは?

米本 それはありますね。やっぱり今、練習が楽しいですもん。回しのなかで「今日は何回、取られたな」とか、「今日はミスしてないぞ」とか、「ミスはしてないけど、あれは本当に止まっていたかな」って考えたり。本当に楽しい。しかも、みんなうまいから、ボールを取るのも難しいんですよね。