2019.02.06

今季はJ1にスペイン人監督が3人。
彼らはなぜ日本を目指したのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

 たとえば、1部レアル・ソシエダの監督を解任されたばかりのアシエル・ガリターノなども”悪い物件”ではない。3部にいたレガネスを率いて2部に昇格させたあと、クラブ史上初の1部にも導いた。昨シーズンはスペイン国王杯でレアル・マドリードを撃破し、準決勝進出。2部のミゲル・ムニョス賞(最優秀監督賞)、1部のミゲル・ムニョス賞を、2016、17年と、たて続けに受賞している。

 今後もJリーグのスペイン人指導者は増える可能性が高い。

関連記事