2019.01.13

Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くする

  • 井川洋一●取材・文 text by Yoichi Igawa
  • photo by Getty Images

「(望んだキャリアになっていないのは)もちろん、そのとおり。自分も選手としてまだまだ上を目指しているので、ここでしっかりと成長したい。でも個人的なことよりも、チームとして結果を出したい。自分ももう若くないし、年下に与える影響も大きいと思うので、見本となれるように」

 会見の壇上では、「FWなので、得点に絡んで勝利に貢献したい」と渋い声で話した指宿。長身ながら足元のスキルに定評のあるストライカーは、昨季もバックヒールの洒落たゴールを決めている。ただ本人も認めるように、ひたむきさや心身の強さが欠けており、これまではどこか綺麗にまとまりすぎていたようにも見えた。

 そんな選手が変わろうとするには、今のベルマーレ以上に適したところはない。曺監督の熱い指導と、誰もが溌剌と切磋琢磨する環境、そして最新鋭の設備とテクノロジー。湘南スタイルの次なるチャプターで、指宿が覚醒するか。憧れのズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー/元スウェーデン代表)に少しでも近づく時間は、まだ残されている。

関連記事