2019.01.04

2019年シーズンは「恩返しの1年」
と語る、ジュビロ名波監督の覚悟

  • 原田大輔●取材・構成 text by Harada Daisuke
  • photo by Naoki Morita/AFLO SPORT


名波監督がその活躍ぶりを大いに称えた山田大記――苦しいシーズンではありましたけど、そのなかで成長した選手はいますか。

「MF山田(大記)だろうね。山田がいなかったら、J1参入プレーオフ決定戦も厳しかったと思う。しかも、山田の何がすごいかって、チームが始動した1月から、1日も休まずに練習でフルメニューをこなしたこと。本人は2得点しか決めていないから、物足りなさを感じているかもしれないけど、そこはまた今季、肉付けしていけばいい。

 2017年シーズンは、ヨーロッパから戻ってきて苦しんでいたけど、2018年シーズンは本当に変わった。アウェーの柏レイソル戦(第13節)で初ゴールをマークしたけど、山田にとっては、あのゲームがキーになったというか、ターニングポイントになったんじゃないかな」

――シーズン途中に加入したFW大久保嘉人選手はいかがでしたか。

「試合を重ねるごとによくなっていった。(移籍してきた)当初は、ボールが来ないというストレスがあったと思う。実際、加入して間もない頃の練習試合では、30分間プレーして9回しかボールに触っていないこともあった。

 だから、嘉人にはボールを触ってリズムを作れるように自由を与えて、『ボールを触りながら、ゲームを作ってくれ』というふうに言っていた。ただ、『好きなことをやっていいけれども、その代わり、ボックス内に入っていくことだけは忘れるな』と要求した。『おまえは、ゴール前に入っていかなかったら、ぜんぜん怖さなんてないから』って。『後ろでボールをさばくことなんて、オレでもできるから』と。