2019.01.03

辞任から続投へ。ジュビロ名波監督が
味わった残留確定後の壮絶な90分

  • 原田大輔●取材・構成 text by Harada Daisuke
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

ジュビロ磐田
名波浩監督インタビュー(2)

(1)から読む>

 2018年J1最終節を終えて、J1参入プレーオフに向かうこととなったジュビロ磐田名波浩監督は、自身の退路を断つべく、監督を退任することをクラブに告げていた。その思いは、J1参入プレーオフ決定戦で東京ヴェルディに2-0と勝利し、J1残留を勝ち獲ったあとも変わることはなかった。

 現役時代には日本代表の「10番」を背負い、さまざまな苦楽を経てワールドカップのピッチにも立った。所属のジュビロでも、数々の栄冠を手にする一方で、いくつもの悔しさを味わってきた。海外でのプレーも経験し、酸いも甘いも知り尽くしている。それは、2014年に指導者となってからも同様である。

 しかし今回の経験は、彼が生きてきた46年のなかで、何物をも凌駕するほどの失意だった。ゆえに、監督の座を辞することを早々に決断した。そしてそこから、監督続投を決意するまでの、彼自身が「怒涛の90分」と表現した濃密な時間を振り返る――。

J1参入プレーオフ決定戦で東京Vを下して残留を決めた磐田だったが...――「自分の人生においても、怒涛の90分」と表現された、J1参入プレーオフ決定戦を終えたあとのことについて、お聞かせください。

「まず、J1最終節で川崎フロンターレに負けた日の夜に話を戻すと、クラブハウスで(強化部長の)服部(年宏)と話をしたとき、彼から『血も涙も出ないくらい(監督の仕事を)やり切れよ』と言われて、『もう、血も涙も出ねぇよ』と言ったの。そして、『自分は(監督を)辞めたくないのに、成績の責任を取って辞めるんだから、泣くんだったら、今ここで泣いているよ。でも、一滴も涙が出ねぇんだよ。だからもう、オレはやり切ったんだよ』と伝えていた。

次のページへ