2018.11.27

1年でのJ1復帰を果たせず。
大宮アルディージャに足りなかったもの

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 三門はさらに言葉を続ける。

「意識は周りの選手が言って変えられることもあるけど、自分のなかから湧き出てくるものだと思う。球際や闘う意識が欠けていると感じたし、そういう部分は自分も含めもう一回、見つめ直さないといけない。J2は簡単に上がれるリーグではない。そういう意識の部分を変えないと、同じことを繰り返してしまうと思う」

 来季のJ2はさらに熾烈を極めるだろう。柏レイソルが降格し、場合によっては名古屋グランパス、ジュビロ磐田、横浜F・マリノスといったJ1で優勝経験のある名門にも、現時点では降格の可能性が残されている。

 一度落ちたら、なかなか這い上がれない。そんなアリ地獄のようなリーグに求められるのは、クオリティや戦術だけではない。闘う意識であり、這い上がりたいというメンタリティこそが、このタフなリーグに必要なものなのかもしれない。

 再び這い上がれるのか。あるいは、J2が定住の地となってしまうのか――。今季の経験を生かすことができるかどうかが、大宮の将来を左右するだろう。

関連記事