2018.11.18

優勝まであと一歩。報われない戦いに
死力を尽くした町田に称賛の拍手

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Yohei Osada/AFLO SPORT

 82分、敵陣でのセットプレーのセカンドボールをしつこく拾う。左サイドバックの奥山政幸が、プレスを受けながらも球際の競り合いで上回る。これで右サイドに展開したボールを、ロメロ・フランクがエリア内に走り込んで受け、マイナスに折り返す。最後は右サイドバックの大谷尚輝がゴールに蹴り込んだ。

「ひとつひとつのプレーを頑張ってきたから、あそこにボールがこぼれてきた。みんなで獲ったゴール。自分たちらしい」(町田・大谷)

 特筆すべきは、町田のひとりひとりの球際での強さとチームとしての攻撃意欲だろう。

 試合を通し、多くの選手が球際で負けていない。1対1の決闘とでも言うべきか。その鍛錬がチーム力につながっていた。また、同点にした瞬間、エリア内には7人もの町田の選手が入っている。決めたのもサイドバックの選手だ。戦術的に攻守のバランスがいいとは言えないが、ゴールに対する果敢さが奇跡を呼び込んだ。

「狙いどころを絞りきれずに失点しましたが、相手は点を獲った後は下がるだろうな、と。粘り強く戦い、同点にすることができました」

 相馬監督はそう言って胸を張った。アディショナルタイムに、町田がもう1点を奪って勝っていたら優勝していた。

「他会場の結果は知りませんでした。最後のコーナーキックは、優勝への1点かもしれなかったと思うと、(あえて聞かず)知らずにやっていた自分はどうなのか、と思いますが……。ただ、1年間を通じ、選手、スタッフが示してくれた戦いは、すばらしいものでした」

 結局、町田は1-1で引き分け、4位に終わった。6位でプレーオフに進む東京Vの花道を作った形になり、目に見える勲章はない。しかし、その清冽(せいれつ)な戦いは称賛されるべきだ。