2018.11.08

J1残留に光明。ジョーの献身が
グランパスを新たな勝ちパターンに導く

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 体力的に厳しいなか、名古屋はこの1点を守り切った。相馬をはじめ、選手たちはフィールド内を走り回り、勝利への意欲をプレーで見せた。

 そのなかで、ゴールを狙うばかりではなく、前線から守備のスイッチを入れるなど、攻守にわたって積極的に動いていたのが、ジョーだ。

攻守に存在感を示していたジョー攻守に存在感を示していたジョー  ゴールシーンでは、重要なおとりの役割を果たした。

 秋山が左サイドからボックス内に侵入し、クロスを上げる際、ジョーは相手DFを引き連れてニアサイドに走り込んだ。その結果、中央にスペースができあがり、GKのクリアしたボールを、相馬は難なく押し込むことができた。

「最近のゲームでは(自らに対して)相手が守備を厳しくしてくるので、このときも『自分の動きで何人か相手選手を引っ張ることができれば、他の選手にスペースを与えられるかもしれない』と思いながら、ニアへ走りました」

 ジョーの狙いが、ピタリとハマッたのだ。

 確かにこの試合でも、セレッソのDFマテイ・ヨニッチがジョーを厳しくマーク。最近はどこのチームもジョーに対するマークを徹底し、ガチガチのハードマークで、ファールも厭わないという激しい当たりでアプローチしてくる。そのため、ジョーは生傷が絶えず、目の下や横などに傷を負い、両足には打撲の跡があるという。