2018.11.06

自動昇格はほぼ消滅。アビスパ福岡、
J1復帰へのハードルは意外と高い

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 福岡の井原正巳監督が、痛い敗戦を振り返る。

アビスパ福岡を指揮する井原正巳監督「球際のところや、粘り強さ、コンタクトで町田が我々を上回っていた。チームとして、ここまでやってきたことを出されてしまった。町田のゲームだった」

 ゲームキャプテンを務めたMF鈴木惇もまた、「我慢して1点を取るまではよかったが……」と振り返り、力なく言葉をつないだ。

「(先制後に)マイボールをすぐに失ったりして、自分たちの時間が作れず、町田に逆転のパワーを与えてしまった。町田のほうが焦(じ)れずに、積み上げてきたものを出していた。力の差を認めざるをえない」

 この結果、福岡は順位こそ前節終了時点と同じ6位を保ったものの、J2優勝の可能性は消滅。J1自動昇格圏内、すなわち、勝ち点72で2位の大分トリニータとの勝ち点差も6まで広がった。

 もちろん、今季J2は2節を残しており、数字のうえでは追いつくことも可能だ。しかし、勝ち点72で3位の町田、同70で4位の横浜FCとの勝ち点差も広がっており、現実的に考えて、自動昇格の可能性は限りなくゼロに近い。7位に大宮アルディージャが、わずか勝ち点1差で続いていることを考えれば、J1参入プレーオフへ進出できる6位以内を死守することが、当面の目標である。