2018.10.15

J2首位陥落の大分。攻撃力は
伊達じゃないけど3失点の守備が残念

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

 このとき、大分はゾーンで守っている。ただ、中央に人が緊密に集まりすぎ、逆に各自が担当するゾーンが不明瞭だった。そもそも戦術上、セカンドボールへの対処などのため、ペナルティアーク付近に人を立たせるのは欧州や南米では鉄則だが、それを守れていない。結果的にエリア内で自由にシュートを打たれ、ポジション的不具合があった。後半もハンドの判定で取り消されたが、簡単にニアで合わされ、ファーでシュートに持ち込まれる場面があった。

 守備面の脆さで先制点を失ったが、J2最多得点の攻撃力は目を見張るものがあった。

 26分には、バックラインから蹴り込んだボールに対して、小手川宏基が、町田の不用意に高くしたラインの裏へダイアゴナルで走り込み、一気にGKと1対1の形を作ると、同点に追いついた。さらに32分には、小手川が伊佐とのコンビネーションで右サイドを崩し、ニアに入れたタイミングのいいクロスを馬場がヒールでゴールに流し込む、美しい逆転弾が決まっている。

 しかし前半終了間際、またしても守備のミスが出る。簡単にクロスを入れられると、エリア内でヘッドで触られ、前に出たGKがこぼしたボールを押し込まれた。拙守で再び追いつかれてしまった。

 そして後半、大分は呆気なくイニシアチブを失う。

「後半は受けに回ってしまった」(大分・片野坂監督)

 相手のプレッシングに後手を踏み、どうにか反撃に移ろうとしても、セカンドボールを拾われた。