2018.10.08

また勝てなくなった名古屋。
風間サッカーの現状は外国人選手依存

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya 長田洋平/アフロスポーツ●写真 photo by AFLOSPORTS

 彼ら外国人選手がいない名古屋は、パスの数こそ多いものの、相手の守備を崩す場面は少なく、決定機も多くはない。頼みのジョーもシュート1本に抑えられた。前田直輝や金井貢史といった風間サッカーにフィットする選手は増えたものの、まだまだ外国人に依存する部分は大きい。フィールドに3人の外国人選手が揃わないと、破壊力が半減するのだ。

 試合数が2試合少ないとはいえ、これで3連敗。再び残留争いに巻き込まれつつある。GKのランゲラックを含めて、外国人選手を先発で使えないと、今後も厳しい戦いになりそうだ。

関連記事