2018.09.20

41歳。冨田大介はずっと目指してきた
日本代表を、なぜあきらめたのか

  • 高村美砂●取材・文 text&photo by Takamura Misa

 その言葉にもあるように、冨田は2011年に甲府に加入したときも、2013年の水戸も、2015年の徳島も、そして今年、再び水戸に戻るにあたっても、「自分はもっとできる」という思いのもとで4度のトライアウトを受け、新たな道を開拓している。

 だが、見方を変えれば、トライアウトを受けるのは「自分はもっとやれる」という考えと、前所属チームの評価が合致していなかったから、生まれた状況だ。そのことを自分自身はどう消化したのか。あるいは、それによって不安を抱くことはなかったのかを尋ねてみた。

 冨田は当時に考えを巡らせるように、ひと呼吸置いてから、答えをくれた。

(つづく)

関連記事