2018.09.10

「常勝」の面影はなし。宮本ガンバに
足りないのは「戦力」ではない

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

「今日は今後のリーグ戦につながる『4点差をひっくり返す試合を』と挑みました。連動した守備から取り返して、攻めきる、というところをトライしたのですが……。ボールを持ったところで、もう少し崩しの質を高めたいですね」

 第18節から采配を振るう宮本監督は試合後の記者会見で語ったが、この夜で、今シーズンの無冠が決まった。

 はたして、”常勝”ガンバの末裔たちは反発力を見せることができるのか?

 リーグ戦では代表組のGK東口順昭、DF三浦弦太が合流することで、守りはいくらか改善するのだろう。横浜FM戦で一矢を報いた一美和成(いちみ・かずなり)、ボランチで定位置を争う高宇洋(こう・たかひろ)、高江麗央(たかえ・れお)、18歳の中村敬斗のように、新鋭は台頭しつつある。また、ヴィッセル神戸から渡邉千真、レノファ山口から小野瀬康介を迎えて、戦力アップも図った。戦力的に見たら、降格するようなチームではない。

 しかし、勝負の厳しさを失っているのだとしたら――。

「(チャンスを多く作った時間帯に)決め切ることができたら、引き分けにも持ち込めたと思います。後半は、0-2のままでは終われないというところを、選手たちが見せてくれました」

 3-1と完敗した試合後、宮本監督は努めて前向きに語っている。

関連記事