2018.08.29

イニエスタは周りの力を3割増しに。
そのすごさを神戸同僚が細かく説明

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by YUTAKA/AFLO SPORTS

 たとえば後半、イニエスタはルーカス・ポドルスキのパスをダイレクトでバックラインの裏に通し、こともなげに長沢駿へパスを合わせている。しかしよく見ると、ポドルスキは出しどころを見つけられず、イラついたようにパスを流したに過ぎない。つまり、手詰まりの状況だったのだ。そして、そこまでお膳立てをしたにもかかわらず、シュートは外れた……。

 イニエスタに憂いはあっても、失望は感じていないはずだ。なぜなら、彼はチームプレーヤーとして偉大な境地にたどり着いているからだ。いうまでもないが、ワンマンな選手ではない。

 ボールを受け、渡し、また受ける。神戸が本気で「バルサ化」に挑むなら、そのコンビネーションを、集団としてどこまで高められるか――。神戸の選手たちの士気が高いのだけは間違いない。

関連記事