2018.08.25

森岡隆三が鹿島で過ごした日々は
「ジレンマとの闘いだった」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

鹿島に入団した当時のエピソードを笑いながら話した森岡隆三鹿島に入団した当時のエピソードを笑いながら話した森岡隆三

――桐蔭学園は、当時も高校サッカーでは強豪校のひとつでしたが、Jリーグもまだ発足したばかりでした。プロサッカー選手を目指していたのでしょうか?

「兄の後を追いかけてサッカーは始めたのですが、兄が読売クラブ(現東京ヴェルディ)の下部組織に所属していたので、僕自身もそういうふうには考えていました。ただ、桐蔭学園中学校を受験することになり、学業面のボリュームを考えて、部活でのサッカーを選びました。高校に上がる際、当時のサッカー部は少数精鋭、全国から優秀な選手が集まる強豪チームだったので、通常、内部進生は入れませんでした。けど、どうしてもレベルの高いところでプレーしたかった私は、李国秀監督にお願いして、練習に参加させてもらうところからのスタートでした。実際、練習になんとか食らいついてくのがやっとの日々の連続で、プロになるなんて、全く想像もしていませんでした。サッカーの名門大学へ進学できればいいなぁと思うこともありましたが、正直、先のことを考える余裕はなかったですね」

――それでも1年の最後には、レギュラーポジションを獲得し、ユース代表にも選ばれるようになります。

「高3のインターハイ直後(3位)に監督から『大学へ行くか、プロへ行くか休みの間に決めなさい』と言われたんです。休みといっても3日間しかなかったんですけど(笑)。プロという選択肢を初めて意識したのはこのときです。自分にもその可能性があるのかと思い、『可能性があるなら、プロへ行きたい』と両親に相談しました。それで3年やってみてダメなら、勉強し直して大学へ行くという約束をし、プロ入りの希望を監督に告げました。その直後に鹿島アントラーズの練習に参加させてもらったんです」