2018.08.20

イニエスタは湘南にも好影響を与える。
「ビビらないチームになった」

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by Getty Images

 内容だけを見れば互角以上。ただ、湘南は1点が遠く、相手には好機を確実にモノにするだけの役者がいた。梅崎が話す。

「簡単に言ってしまえば、決めるか決めないかということになるのかもしれないですけど、それだけではないとも思う。最後のところでの落ち着きや、そのひとつ前での精度をもっと意識していかないと。相手の得点が、最後は個の力によるところだったように、自分もそういうところで違いを見せなければいけないと思う」

 湘南はこれまでJ1とJ2と行き来してきたように、かつてのチームならば「惜しい試合をした」で満足していたかもしれない。ただ、今はそうしたチームではなくなってきている。試合後には、曺監督もこう語っている。

「J1の舞台に立ったり立てなかったりするチームというのは、どうしてもJ1の(常連)チーム対して怖じ気づいてしまうところがあったんですけど、ここ最近の選手たちにはそれがまったくない。これを僕は成長だと思っているんです。

 ましてやこれまで、試合終盤に相手が守り切ろうとする状況はほとんどなかった。これまでは簡単にいなされて終わってしまっていた。そういうところにもチームの成長を感じているのですが、これを今の選手たちに言っても、まったく響かないメンタリティになっているんですよね」

 もはや湘南は、善戦しただけでは満足できないチームになりつつある。目指すのは勝ち点3であり、それも自分たちのスタイルを貫いての勝利である。そして、指揮官が感じているチームの成長と欲求は、しっかりと選手たちの胸に、心に届いている。ふたたび秋野が言う。

「決めるか決めないかの違いなのかもしれないですけど、そういうレベルにまで自分たちはきているとも思う。ここでブレる必要もないですし、ブレる内容でもない。改善するところを改善して、やり続けられればと思う」