2018.08.08

崖っぷちガンバ。「最大限の力を注ぐ」
ツネ様の進撃はこれから始まる

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 宮本監督自身は揺るぎない覚悟で、その責任に立ち向かっているからこそ、クラブの総力を結集して"結果"をつかみ取る戦いが期待される。

「僕はこのガンバで育ち、プロ生活のほとんどの時間をここで過ごしました。引退後、指導者としてのスタートを切らせていただいたのもガンバです。そのガンバのトップチームの監督を務めることへの責任は当然、感じていますし、このクラブ、チームへの特別な思い入れもあります。

 だからこそ、"強いガンバ"を取り戻すために、最大限の力を注ぎたい。自分だけではなくスタッフ、選手とともに、いろんな試行錯誤を、やっていきたいと思う」

 そう熱を込める宮本監督。クラブ史上初のJ2降格を味わった2012年と同じ結果に終わらせないための、本当の戦いはこれから始まる。

関連記事