2018.07.23

Jデビュー戦で確信。イニエスタが
日本にもたらす「効果」は絶大

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 結局、ひとりだけでチームを変えることは難しいという、ごく当たり前の事実を再確認したようなデビュー戦だった。それでも、選手たちの期待は大きい。FWウェリントンはこう言う。

「イニエスタはスーパースターだし、一緒にプレーできて本当にうれしい。まだ3回くらいしか一緒に練習していないから、これからだよ。でも、彼が日本に来たということは、ヴィッセルのためだけでなく、日本中のサッカーに関わる人にとってすばらしいことだろう」

 あえて厳しい言い方をすれば、イニエスタが、中盤でのワンツーなどのパス回しから、速いボールを前線に出して一気にスイッチを入れたとき、味方が反応し切れていないようなシーンが気になった。単に呼吸が合っていない、連係が取れていないというよりも、イニエスタに見えている絵と現状のレベルが違うように見えたのだ。

 このあたりは、ルーカス・ポドルスキが負傷から復帰さえすれば、多少は事情が変わってくるのかもしれない。ひとりでは難しくても、2人いれば何かが変わるということはあり得る。

 実はこの日、”イニエスタ効果”が発揮されたのは、湘南側だったのではないかと思う。イニエスタの出場と同じタイミングで退くことになってしまった梅崎司は、「一緒にプレーしてみたかった」と言いながら、胸を張った。

「イニエスタの効果は大きいですよね。彼がいたから今日だって満員になったんだろうし。気合い? 当然、入りました。本当にすばらしい選手だけど、そういう選手に対して、僕たちのサッカーを見せることができた。今日はうちの守備のほうが上回っていたのではないかと思います」