2018.07.22

「トーレス・シフト」に変更の鳥栖。
新戦術はプラス要素だらけ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFP/AFLO

 フィッカデンティは試合後にそう語っているが、どのようにトーレスを用いるつもりなのか?

「FWはケガ人が目立つが、優れた選手は多い。ただ、なかでもトーレスは高いレベルでプレーしてきたし、ありとあらゆるタイトルを取っている。それだけに、戦術的にも変化があるだろう」

 指揮官は明言を避けつつも、トーレスが新たな戦術軸になることを示唆した。少なくとも、トーレスを今の戦術でがんじがらめにすることはないだろう。もしそれをやろうとしたら、トーレスは宝の持ち腐れになる。

 この酷暑で、トーレスに守備の負担を負わせるのは得策ではない。2トップの一角にはとにかく走れて、潰れることができる選手を用いるべきだろう。トップ下は、現メンバーなら決定的パスを出せる小野が当確か。アンカーの高橋から出るカウンターを可能にするロングボールの質も、トーレスのプレーを左右するかも知れない。いずれにせよ、「トーレス・シフト」を敷かざるを得ないだろう。

「体とかはバキバキで、見たことないです。さすがプレミアリーグとかでやってきた選手なんだなぁって」

 Jリーグで数々の選手とプレーしてきた小林は、そう感嘆している。

「まだゲーム形式はやっていないのでわかりませんが、ショートダッシュとかでも初速がすごい。それに、基本的な練習からとにかく手を抜きません。リフティングとかは意外にうまくないんですが、ストライカーってそういうモノなんでしょうね。今日みたいな試合だったら、1点獲って決着つけてくれるのかもしれません」