2018.07.10

ジュビロ・名波浩監督の告白。
「サッカー人生で初めて悔し涙を流した」

  • 原田大輔●取材・構成 text by Harada Daisuke
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 そのなかで新しいことといえば、2トップを試みたことですかね。それと、トップ下を置くような形もトライした。

 ただこれは、既存の選手からしてみれば、自然の流れだったはず。ユースまでウチにいたFW中野誠也が筑波大から加入して、FW小川航基がケガから復帰してきた状況において、そうしたシステムに変わっていくだろうということは、ある程度、予想できていたと思う。もちろん、キャンプでそこにトライした大前提として、アダイウトンと川又堅碁の2トップという考えがあったからですけどね」

――名波監督がチームを率いて5年目。既存の選手たちには戦術もかなり浸透していると思いますが、新加入の選手はイチから覚えることになります。どのようにレクチャーし、アプローチしてきたのでしょうか。

「今季の新加入選手、たとえば泰士とDF新里亮(ヴァンフォーレ甲府→)のふたりは、これまで異なるサッカーをやってきていて、それが身体に染みついている。昨季加入したムサエフや(中村)俊輔もそうだったけど、フィットするまでにはある程度時間がかかるもの。だから、そこは腹をくくっていたところがあった。それでも、今名前を挙げた新加入のふたりは、(ジュビロの戦術に)馴染むのが早かった印象がある。

 そもそも、試合の記録を振り返ってもらえばわかるけど、泰士と新里のふたりは開幕戦に先発していない。特に泰士には、『おまえの開幕戦はみんなよりも遅くなる。自分自身の開幕戦までは時間があるから、その時間をマイナスに捉えるのではなく、プラスに考えてほしい』と言っていた。『開幕に向けてメンバーが見えてくるなかで、"チームがこういうサッカーをやるんだ"ということを感じる余力が、おまえにはもう1週間あるんだぞ』と。